痴呆症の症状

タブレットを見る

情報でも、物でも、アクセスし易く、探しやすく、目に付きやすく、創意工夫をしていくことが、物忘れや見落とし防止の基本である。同じメモでも、目的別に色分けしたりする事は、情報の整理整頓であり、この習慣が物忘れ防止に効果てきめんである。

Read...

加齢による影響

メガネ

物忘れは認知症の可能性があり、回復するものではありません。しかし、現在は、進行していく物忘れを抑える薬が出回るようになりました。この他、ココナッツオイルやDHAやEPAといったサプリメントを摂ることで認知症を遅らせることも期待されています。

Read...

物忘れに注意

写真を撮る

物忘れには注意が必要で、症状によっては重大な病気のサインの可能性もあります。いつもとおかしいなと感じた時はすぐに専門医療機関での受診が大切になるでしょう。早期発見がなにより病気の回復に繋がります。

Read...

忘れっぽい

手を繋ぐ

物忘れについて注意すべきことは、年を取って記憶力が低下したことで物事を忘れたのか、認知症によるものなのか、自分の物忘れの原因を知る必要があります。認知症の場合だと、物忘れの自覚そのものがなかったり、物忘れの程度はどんどん進行して、日常生活にも支障をきたすようになっていきます。もしも自分の物忘れが、単なる加齢による脳の老化などが原因ではなく、認知症の疑いがあるのではないかと心配になった場合には、病院に行って診察を受けましょう。短期記憶であるワーキングメモリーを鍛えることで、物忘れの予防に効果があります。料理をする時に包丁を使ったり、レシピを見ながらすることは、ワーキングメモリーを使うことになるので、積極的に料理をしましょう。

物忘れを予防するためには、普段の食べ物に気を付けましょう。ガムを噛むことで、セロトニンという物質が分泌されます。セロトニンは脳の様々な部分を活性化させる働きがあり、記憶力などが改善されることで、物忘れの改善にも効果があります。血行を良くすることが、脳の活性化にも繋がるので、血液をサラサラにするケルセチンというものが含まれている、玉ねぎなどを食べるのもいいでしょう。青魚に含まれているDHAも脳を活発に働かせて、記憶力や学習能力を高める効果があります。物忘れは、ダイエットなどで栄養が十分に足りてない場合にも起きることがあります。普段の食生活を見直し、しっかりと毎日栄養が足りるように食べて、物忘れを防ぎましょう。